山林・キャンプ場を守る

森林とキャンプ場は、糸島市の責任で、多くの市民が利用できるように。自然を守って!

キャンプ場は、糸島市の責任で

Img_20121028_03 木の香ランドを、市は民間会社に無料で貸すとしていました。
 しかし、市民の批判と会社の事実上の破綻により、管理を変えました。

 今後、市の責任で、多くの市民が利用できるようにしてもらいたい。

宝の山を守って

 森林の間伐と材木の利用活用の支援について、市は、「森林再生整備事業プロジェクトを行っていく」と答弁しました。

 高知県の梼原(やすはら)市では、森林組合に助成して間伐材を”木質ペレット”に加工してします。
 これを暖房にも活用しています。

 山の再生に間伐事業は欠かせません。
 豊かな自然を守るためにも、早期実現を期待します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月糸島市議会 ひわだ正子  一般質問  「糸島の森林再生について」「子育て支援、就学援助制度のさらなる充実を」「福吉中・二丈中の学校給食について」「道路の安全対策、路肩の草刈りについて」「通学路のカラー化について」

糸島市会議員 ひわだ正子は、皆さんと力を合わせてがんばります。

Img_20121028_11 2012年9月議会は(9月3日~27日)開かれました。
 9月14日 ひわだ正子 一般質問

糸島の森林再生について

【ひわだ】 今年4月から民間に無料で貸し付けた「木の香ランド」が、7月から市の管理になった。
 木の香ランドは、キャンプ場の設備がよく整備されている。
 利用を進めるために、真名子林道の整備や安全対策、森林公園づくりなど、市の対策はどうなっているのか。

[回答] 草刈りなどは、シルバーに委託して整備している。
 これから、森林の間伐と森林の利用・活用の支援については、「森林再生整備事業プロジェクト」をつくって、行なっていく。

子育て支援、就学援助制度のさらなる充実を

【ひわだ】 将来の担い手である子どもの健やかな成長を願って糸島のまちづくりが行われている。
 就学援助制度は、義務教育費は無償と憲法26条などの関係法令にもとづき、学用品・給食費などを助成する制度です。
 小・中学生のいる親は、誰でも申し込みのできる制度です。
 申請方法について、十分説明がされているのか。

[回答] 入学式で新一年生の保護者に説明を行なっている。
 二年生以上にはチラシを配っている。

福吉中・二丈中の学校給食について

Img_20121028_13【ひわだ】 二丈の2つの中学校給食は、大野城市から食缶で運んできている。
 糸島市の他の中学校は、自校方式です。
 二丈の2つの中学校も、自校方式にできないか。
 また、親子方式の給食はできないか。(親子方式とは、小学校で給食を作って、中学校に運ぶ方式)

[回答] 考えていない。 平成29年3月まで今のままで行く。

みんな同じ糸島の子ども達です。今後も学校格差をなくす為、給食問題は追求していきます。(ひわだ)

道路の安全対策、路肩の草刈りについて

Img_20121028_12【ひわだ】 交通事故は子どもや高齢者が最も多いと言われている。
 人命にかかわる通学路や、道路の危険箇所について、特に路肩の除草は行われているか。

[回答] 草刈りの要望があれば、国や県に取り次ぐ。
 除草は夏から秋に行なっている。
 バイパスの路肩の除草は国土交通省が行う。

通学路のカラー化について

[回答] 通学路のカラー化は、福岡市など4市で実施されている。
 市でも検討する。

カラー化を実現し、通学路の安全のため、今後も質問します。(ひわだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月オープン前に事実上 財政破綻!!運営予定会社  フォレストアドベンチャー糸島(木の香ランド真名子キャンプ場・樋の口ハイランド)

(一部表現を修正しました。(2012/9/30))


7月オープン前に財政破綻!!運営予定会社 
   フォレストアドベンチャー糸島
   (木の香ランド(キャンプ場)・樋の口ハイランド)

 市民の合意なく独断専行

 3月議会で、二丈にある樋の口ハイランドなどを、民間に10年間無料で貸し出す議案が可決してしまいました。
 ところが、この民間会社((株)N社(仮名))は、7月オープン前に、お金が払えずに、事実上財政破綻しました。

 市の責任は重大

 計画の初めからあまりにも無謀な市のやり方に、日本共産党は反対していました。
 契約後、4か月もたたずに倒産するような会社を指定した市の責任は重大です。

 (詳しくは、糸島の風の記事『市がうその答弁~便宜を図ったことを隠す   設立予定の会社の申請を受理した糸島市』を参照。)

 

 追い詰められた市は、臨時議会で。
 今度は東京の有限会社に!

 (『糸島市議会議員 伊藤千代子ブログ~ちよ便り 』より、引用)

 今度は東京の有限会社に委託するというのです。
 年間わずか10万円で。10万円が「適正価格」と言って。
 フォレストアドベンチャーの開業が7月21日。
 市は追い詰められ、あせって、またとんでもないことをしようとしています。

 『7月18日(水)』はそのための「臨時議会」です。
 市民のみなさん! 応援してください。
 たくさん。傍聴に、おみえになってください。
  (数が、強い味方です!)

 市民の大切な財産の管理運営の契約先を決めるのに、法や条例に従わず、行き当たりばったりに、市長の好みで業者を選定し、破たんしたらまた別の業者にとは、あまりにひどすぎます。

 地元住民の声

・議会傍聴に行ったら、市長は去年すでに社長と面会していた事実を「訂正します」の一言で片づけていた。
 (初めて合ったのは今年の2月と、答弁していた。)
 ウソの答弁を平気でやっているのには驚いた。
 木の香ランドや樋の口ハイランドは二丈の宝です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)