原発問題

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84 2014年10月11月

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84

いとう千代子議員  二丈は、玄海原発30キロ圏内にあり、西風の多い「風下地域」です。

 海や山や大地が放射能で汚染されたら、人は生きていけません。
 だから私は、市議会で「再稼動反対の意見書」に賛成しました。
 残念ながら、11対9で意見書は否決されましたが、これで終わりではありません。

 最悪の場合、わずか30分で放射能の雲が鹿家に到達すると、市は議会で答弁しました。
 毎時500マイクロシ-ベルトを超えたら、「即時避難」レベルなのに、とても間に合いません。

 国道やバイパスが渋滞し、地震で道路が通行止めになったら、家族全員が無事に逃げられる保証はなにもないのです。

遺伝子に影響与える放射能

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84  福島で、「私は将来、子どもが生めますか?」と、東京電力に訴えた少女がいました。
 こんな思いを、糸島の子どもたちにさせてはなりません。

 放射能は、遺伝子に影響を与える恐るべきものです。

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84  原発から50キロも離れた飯舘村は、風下だったため汚染がひどく、3年半たった今も、懐かしい故郷に、わが家に帰れないでいます。

 大地震や火山の噴火、豪雨と異常気象が続く中で、危険な原発の再稼働に賛成することは、母として女性として、人間としてできません。

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84  みなさん、UPZ圏内の二丈から、糸島から、さらに「再稼働やめて!」の声を大きくしていきましょう!

   
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声を届けます。  日本共産党議員団  (いとう千代子議員・やなぎ明夫議員)  2014年3月議会より   二丈の風No.82

みなさんの声を届けます。  日本共産党議員団

 やなぎ明夫議員 やなぎ明夫議員 いとう千代子議員 いとう千代子議員
(志摩師吉在住)
総務文教委員
議会広報編集委員
(波多江駅南在住)
建設産業委員

2014年3月議会

Img_20140503_04

いとう千代子議員

  1. 玄海原発再稼働の危険性・災害弱者の避難について.
  2. 弱者に対する国保税の課税・税のあり方
    生活困窮者・子どもの貧困の実態と支援について
  3. 農業振興地除外の、公平性、情報公開について

やなぎ明夫議員

  1. 消費税が増税された場合の市民生活、中小業者などへの影響を、どうとらえているか。
  2. 増税された場合の影響、価格対策について
  3. 中小商工業の振興策について
  4. 原発問題と自然エネルギーの推進について

    詳しくは、「糸島の風」No.24 を、お読みください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声 「消費税は福祉のため?」「地震が多発しているのに原発?」「買い物難民対策を!」「農業後継者は育っているのか?」   編集後記「里山資本主義と金もうけ」    二丈の風No.82

Img_20140503_00

  • 高齢者の介護施設が必要な人が入居できる特別養護老人ホーム(特養)は、入居待ちが全国で52万人にのぼることが、厚生労働省の調査で分かったそうです。
    消費税8%は「福祉のため」と言っても信じられません。
                           (60代女性)
  • 地震が多発している。
    学者は「日本列島は活動期に入っている」と言っている。
    原発は危ない。廃止すべきだ。
                           (70代男性)
  • 近くに商店がなくて買い物が不便な人を「買い物難民」というそうですが、今は運転できても、いつ出来なくなるかわかりません。
    毎日の買い物が不便だと生活に支障をきたします。
    市も対策に乗り出してほしい。
                           (80代女性)
  • 茶畑の多い八女では、後継者がいなくて、お茶の値段を上げざるを得なくなっているそうです。
    糸島の農業後継者は、どう育っているんでしょうか?
    市長は「糸島の農産物のブランド化」をひろげようとしていますが・・・。
                           (40代男性)
       

Img_20140503_02

編集後記

 今、「里山資本主義」という本が、売れているそうです。
 舞台は、中国地方の山間部。木くずを燃料に活用して、地域を活性化している話です。
 「お金に依存しない経済システム」です。

 原発を輸出して、金もうけをしようと必死ですが、地球を汚し、いのちを脅かす原発には絶対反対!
                       (F・H 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糸島市議会一般質問  「二丈・志摩の支所はなくさないで!」「糸島市に、障害のある子どもの教育施設が必要」「子育て支援を!子どもの医療費の助成を」 二丈の風No.80

二丈・志摩の支所はなくさないで!
ひわだ  二丈・志摩の支所が、合併5年でなくなると、住民サービスはどうなるか。
 相談や、証明書発行などに訪れる人は、支所がなくなることに反対です。
 支所には、災害・防災の拠点としての役割があるのではないか。
回答  庁舎の統合問題は、特別委員会の提案に沿って考える。
ひわだ  唐津市は、合併後も支所を残して、住民サービスを行っている。
 糸島市も支所・総合窓口は残してもらいたい。

糸島市に、障害のある子どもの教育施設が必要
ひわだ  子どもの発達の障害の診断が難しいといわれている。
 子どもの発達について、専門的な診断はだれがするのか。
回答  定期的な乳幼児検診と、相談は、あごらで行っている。
 毎年、約1000件の検診や、相談を受けている。
ひわだ  糸島市は、支援学校に通うために「いとバス」を走らせているが、保護者の負担がある。
 これから先、保護者の負担はどうなるのか。
回答  26年度までの補助の計画はある。
 生の松原の保護者負担は、毎月1万円くらいです。
ひわだ  子どもたちの生きる力を育み、一人一人の教育的なニーズに対応した特別支援学校を、ぜひ糸島市に作ってほしい。
回答  県には、特別支援学校設置の要望を続けていく。

子育て支援を! 子どもの医療費の助成を中学卒業まで無料に
ひわだ  糸島市は、就学未満まで医療費は無料となっています。
 しかし、安心して子育てができるためには、医療費の無料化の拡大を、中学卒業までできないか。
 拡大できれば、まちづくりの大事な施策になる。
回答  他市の状況を見て検討している。
ひわだ  福津市は、医療費の補助が拡大されたと新聞に報道された。
 通院の場合は小学6年、入院なら中学3年生まで、来年の1月から実施するという内容です。
 「子育て環境を整備して、定住促進につなげたい」と、市の説明です。
 糸島市も、子育て支援策の検討を、積極的にすすめてほしい。

 

 9月議会の請願3件の結果は?

請願3号  九州電力玄海原発の再稼働に反対する意見書を提出する請願
審査結果 :賛成9人・反対13人で、不採択
請願4号  糸島市が自然エネルギーを積極的に推進し、原子力エネルギーに頼らない政策への転換を急速に始める請願
審査結果 :審査をもっと進めるために継続審議結果となりました。
請願5号  国に対し「消費税の増税中止を求める意見書」の提出を求める請願。
審査結果 :賛成5人・反対17人で、不採択

日本共産党は、上記の請願すべてに賛成しました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声 & 編集後記   二丈の風No.80

みなさんの声

○ 海岸清掃や、川掃除、道路の清掃など住民の協力で町をきれいにする行事がどこでも行われています。
 体力がある、時間があるときはできても、川掃除などはとてもきつい作業で、高齢化社会では無理なことがあります。
 行政(県・市)が予算を補助して、援助してください。
              (80代・男性)

○ 「玄海原発の再稼働をしないで」と、署名が4千人以上も集まったそうです。
 ところが、糸島市議会は、これを否決しました。
 玄海原発から18キロ~40キロ圏内に住む住民にとって、安心して住むには、再稼働には反対してほしい。
              (50代・女性)

○ 二丈支所は、残すべきだ。
 支所を残すかどうかは住民投票で決めて!
 唐津市に合併した浜玉や七山の支所は、残っている。
              (70代・男性)

編集後記

 映画「渡されたバトン」を見ました。
 新潟の小さな町に、原子力発電所を建てさせなかった住民の物語(実話)でした。
 新しい町長を誕生させ、結果的に住民の力が原発を阻止した感動的なドラマでした。
 最後まで、あきらめず、粘り強く運動することの大切さを学びました。
 今、再生可能エネルギー(太陽・水・風・地熱など)に、転換しようと多くの人が努力しています。
 「原発再稼働に反対!」    (F・H)

Img_20131221_46

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴走政治にブレーキをかける日本共産党  TPPストップ・原発ゼロへ  二丈の風 No.79

暴走政治にブレーキをかける日本共産党
  TPPストップ・原発ゼロへ 

TPPはストップを!
許せない”自民党の公約違反”

 昨年の総選挙では、自民党は「TPP反対!ウソつかない自民党」とポスターを張り出しました。
 農業を壊滅させ、生活をぶち壊すTPPに共産党は反対しています。

”おかしい糸島市議会”
TPP交渉参加の撤回意見書を否決。

 6月19日の本会議で、共産党提案の「TPP交渉参加撤回を求める意見書」を否決しました。
 ”糸島の農漁業を守り発展させる”ため、市議会が考え直すことを強く求めます。


コメ・牛乳・九州に打撃

 TPP参加、九州全体で、農畜産は4695億円の産出額の現象になります。

 

Img_20130714_09

 原発  各党の考えは?

日本共産党  即時ゼロを迫る。

 事故収束もできず原因もわからない中で「世界最高レベルの安全」といえるのかと追求。
 首相も「収束していると言えない」と認めた。

自民党  再稼働と輸出。

 「世界最高レベルの安全基準」とうそぶいて、原発の再稼働と原発輸出に暴走している。

民主党  再稼働迫る。

 「核燃料サイクル事業は続けると受け止めていいか」と政府に再稼働迫る。

維新  避難県民を帰郷させ再稼働

 非科学的主義で再稼働けしかけ。

みんな  安全確認して再稼働。

Img_20130714_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二丈の風 NO.79 みなさんの声  編集後記

Img_20130525_04

○ リニアコライダーは、いいことづくめのように言われていますが、終わった後のトンネルは、放射能廃棄物への転用をすることはないと言える?_
 地下水は大丈夫?   (40代女性)

○ 糸島に活断層があると発表されたが、玄海原発の再稼働は絶対ダメ。  (50代女性)

○ 収入減った。年金減った。介護保険が高い。
 なのに、消費税上げるって?  (70代女性)


編集後記

Img_20130714_10  青々とした田んぼに、つばめが飛来しています。
 子ども達の田植え実習もすみ、食と命の大切さを学んだことでしょう。

 命といえば、医療関係者もTPP参入に反対しています。
 福岡県医師会長の言葉です。

 医療は市場原理になじまない。
 日本が誇る「国民皆保険」を守れ。
   (福岡県医師会長談)
                          (F・H)

 

Img_20130714_07


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい世の中を開く扉は!  日本共産党の”3つの役割”  二丈の風No.77

Imgnij77_06 Imgnij77_07

① 防波堤の党

 自・公政権は「消費税を上げる」「憲法を改悪し、戦争ができる国」にしようとしています。
 こういう暮らし、平和を破壊する流れに正面から立ちはだかり、悪政から国民を守ります。

② 『世直し』の党

 大企業は溜め込んだ260兆円の1%を支出するだけで、労働者の1万円の賃上げができます。
 外交政策で特に尖閣問題では、冷静な話し合いを続け、決して武力を用いてはなりません。
 即時原発ゼロを提言します。

③ 国民と共に運動する党

 「原発再稼働反対」「TPP参加反対」「米普天間基地撤去」などの各分野の運動と交流協力して、それぞれの切実な要求を支持し、実現のため誠実に力を尽くします。

Imgnij77_08

所得増こそカギ

 「働く人の所得を増やす政治に転換することこそ、デフレ不況から抜け出す最大のカギがある。」と日本共産党の志位和夫委員長は語りました。
 給料が上がり、購買意欲が出て、内需が活発になってこそ、デフレ不況から抜け出すことが出来ると、経済ジャーナリストも言ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発の再稼働を認めず、住民の安全を守ろう!    採決の結果は不採択。住民の声は議会に届かない。 ~糸島市議会~  二丈の風No.77

原発の再稼働を認めず、住民の安全を守ろう!

【ひわだ】
 原発の問題点は、過酷事故が起きれば、九州も西日本も壊滅すると予測されているものです。
 大飯原発の再稼働が行われたが、地震大国の日本です。
 玄海発電から30キロ圏内に1万5千人が住む糸島市民の安全については避難計画が作成されています。
 しかし、避難が困難な市民の安全は守られるのか。
 再稼働をしないこと。原発ゼロを目指して頑張りましょう。

Imgnij77_11 ”玄海原発再稼働させないで”

 12月議会の最終日、請願議案の討論・採決がされました。
 日本共産党議員3人は、賛成討論を行いました。
 採決の結果は、賛成が9人・反対が13人で、3件とも請願は不採択になりました。
 再稼働をしないでという声は、今回も議会の中では届きませんでした。
 糸島の市民の安全を守るためには、原発ゼロに!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

編集後記   再生可能エネルギーで、脱原発!  二丈の風No.77

Imgnij77_09

編集後記

 1月7日(月)夜、テレビ番組で「新エネルギー地熱発電の可能性とは?」を見ました。
 日本の地熱発電の技術は世界トップレベルで、発電量も豊富だそうです。
 今後がとても期待されます。
 「温泉との共有もできます」
 と、学者は言ってました。

 再生可能エネルギーで、脱原発!
                          (F・H)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧