災害対策

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84 2014年10月11月

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84

いとう千代子議員  二丈は、玄海原発30キロ圏内にあり、西風の多い「風下地域」です。

 海や山や大地が放射能で汚染されたら、人は生きていけません。
 だから私は、市議会で「再稼動反対の意見書」に賛成しました。
 残念ながら、11対9で意見書は否決されましたが、これで終わりではありません。

 最悪の場合、わずか30分で放射能の雲が鹿家に到達すると、市は議会で答弁しました。
 毎時500マイクロシ-ベルトを超えたら、「即時避難」レベルなのに、とても間に合いません。

 国道やバイパスが渋滞し、地震で道路が通行止めになったら、家族全員が無事に逃げられる保証はなにもないのです。

遺伝子に影響与える放射能

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84  福島で、「私は将来、子どもが生めますか?」と、東京電力に訴えた少女がいました。
 こんな思いを、糸島の子どもたちにさせてはなりません。

 放射能は、遺伝子に影響を与える恐るべきものです。

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84  原発から50キロも離れた飯舘村は、風下だったため汚染がひどく、3年半たった今も、懐かしい故郷に、わが家に帰れないでいます。

 大地震や火山の噴火、豪雨と異常気象が続く中で、危険な原発の再稼働に賛成することは、母として女性として、人間としてできません。

最速30分で・・・放射能が二丈に。 『即時避難』は、間に合わない。  二丈の風No.84  みなさん、UPZ圏内の二丈から、糸島から、さらに「再稼働やめて!」の声を大きくしていきましょう!

   
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(旧)二丈役場は住民のよりどころ 災害のとき・日々の暮らしに  支所の廃止はしないで!議場は文化施設・ホールとして活用を   二丈の風No.80

Img_20131221_41
災害時の強い味方

 役場には、様々な機能があり、そのために、職員が常駐しています。
 今の二丈支所には、農林土木・農業委員会・総合窓口があり、住民が利用しています。

 それ以外にも、役場は緊急避難のよりどころでもあります。
 地震や水害など、いつ災害が起こるかわからないこの頃です。
 役場職員は、この災害時にすぐに対応できる強い味方です。

 ところが、この二丈支所が、本庁に移転する計画がすすめられています。
 もし、災害が発生しても、緊急に駆けつけるまでに、道路の寸断などがあると、取り残される危険もあります。
 二丈支所は、今までのように残す必要があります。

提案  議場(3F)の再利用について

 今、文化施設としてのホールがとても少なく、音楽発表会などは、唐津のホールを借りて行っているのが実情です。
 二丈庁舎の議会議場(3階)は、まだ新しく、とても立派ですが、月に1~2回しか利用されていません。
 ここを文化施設として利用できないものでしょうか。

 議会議場の活用については、二丈地域審議会に『市民ホール』の提案がされたことがあります。  糸島市(H22.6.30 22糸経第44号)

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域の活性化と防災の拠点 二丈庁舎を残して!  二丈の風No.78

二丈庁舎を残せ!

 「地域の活性化と防災の拠点として、二丈庁舎を残してほしい。」と、ひわだ議員は3月議会で発言しました。
 隣の、唐津の浜玉町(旧)は浜玉支所として機能しています。

二丈・志摩の庁舎の存続は、まだ決まっていない。

 糸島市議会は、議員全員で庁舎の利・活用の課題などについて、庁舎問題調査検討を行なっています。
 唐津市は、合併して8年たっていますが、浜玉、七山など支所は残しています。
 住民の相談の窓口・災害の拠点として、支所が必要です。

 二丈地区住民の声を上げていくことが大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども達のすこやかな成長を願って   道路の”カラー化”に前進  中学の食缶方式を見なおせ!

Img_20121028_05
Img_20121028_082道路の”カラー化”に前進

 子ども達の通学路は、運転手にとっても、神経を使うものです。
 今、全国的に道路に色をつけ、カラー化して、運転手・歩行者にも喜ばれています。

 ひわだ議員は、6月議会でも要求を出していましたが、再度9月でもカラー化を提案しました。
 回答は、「道路のカラー化は福岡市など、4市で実施されている。市でも検討する」と前向きの回答がありました。
 早く実現されるといいですね。

中学の食缶方式を見なおせ!

 食缶方式とは、学校調理場で給食を作るのではなく、給食センターで作ったものを運んでくるものです。

 かつて、二丈の中学校には給食がなく、父母の強い要望や、ひわだ議員が再三議会で取り上げ、学校給食は実現しました。

Img_20121028_09調理場があると助かる

 しかし、自校直営(学校に調理場がある)は実現しませんでした。

 糸島市内の中学校は、二丈以外はすべて学校内に調理場があります。
 糸島の野菜を使う機会もふえるため、安全・安心の給食になります。
 また、災害時の炊き出しなどにも喜ばれます。

 さらに、自校方式の給食のため、運動を進めていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二丈支所はなくさないで!  身近にあるから便利なのに  災害時の対応はどうなる。

Img_20120716_05 身近にあるから便利なのに

 二丈支所は、現在いろいろな窓口があり、便利に利用できます。
 ところが、これがなくなり、本庁だけ(前原)になると、高齢者などは遠くなり、急ぐ時など不便になります。

 合併しても支所は残せる。

 支所が残っているところ。

 唐津市   旧七山村
 旧浜玉町など
 福津市   旧福間町
 旧津屋崎町

 「合併協議会で、5年で支所をなくす」と決めたといいますが、住民投票では、半分近くの人は合併に反対でした。
 ひわだ正子議員は公約で『支所を残す』と強く訴えました。

 災害時の対応はどうなる。

 福島県は90あった役所が59に減りました。
 東日本大震災では、責任面積が広大となり、被害者が発見されるまで1週間もかかりました。
 役場が消え、公共施設が統廃合されたのも原因の一つです。

    6月議会
 二丈・志摩の支所の存続を!

Img_20120716_09 【ひわだ】 合併して2年半たちました。
 二丈・志摩の庁舎のり用については、昨年10月に図書館ができ、利用者は3月までに、二丈1万人、志摩は6千人。
 今後、どんな計画になっているのか。

[市・回答] 議会でも庁舎問題特別委員会で検討が行われているで、回答は差し控える。

【ひわだ】 合併後5年という問題があるが、支所がなくなれば、二丈・志摩の防災の拠点としての機能をはじめ、大きな働く場としても、町は寂れる。
 お隣の唐津市や佐賀市では、平成17年に合併をしたが、支所は引き続き存続し、住民サービスを行なっている、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄海原発の再稼働に反対する意見書について!(継続審査に)  原発事故の避難訓練実施!  原発をやめて自然エネルギーへ!

「玄海原発の再稼働に反対する」意見書について!

 玄海原発の再稼働に反対する請願が、6月議会に出された。
 ①原発をなくす糸島の会
 ②新日本婦人の会糸島支部
 ③風下の会ほか
 3つの団体から出された請願は、総務文教委員会で審査が行われました。
 福島原発事故の懸賞も進んでいないこと、原発の被害は大きく、いまだに避難を強いられている人が16万人もいます。
 原発の再稼働をしなくても電気は足りてる。賛成。
 今年の電力不足を心配する。という意見が出され、委員会は、継続審査となりました。
 私、ひわだ正子は「再稼働反対」を主張し、採択を求めました。

Img_20120716_07  

 原発事故の避難訓練実施!

【ひわだ】 6月3日、福岡県・糸島市の大規模な避難訓練が、志摩の船越で行われた。
 玄海原発に一番近い鹿家の住民を、福岡市早良区の修猷館高校までバスで避難する訓練は、訓練の時間はどうだったか?

[市・回答] 原発事故発生の情報が入り、行政区に連絡をして避難するまでに28分かかった。大型バスを使って避難場所まで1時間。
 実際に避難するときの手段としては、自家用車・バス・公用車・自衛隊など、準備に時間がかかる。

 原発をやめて自然エネルギーへ!

【ひわだ】 私は、5月27日、佐賀で開かれた「さよなら原発の集会」に参加した。
 福島から避難してこられた人は、二度と原発事故が起きないように ”原発はいらない” と、訴えられた。
 糸島市は、玄海原発から30キロ圏内に、1万5千人が住んでいる。
 玄海一号機は36年たち、日本で一番危険な原発といわれている。
 原発に依存しない自然エネルギーへの転換を求めていくことが必要でないか。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大切な命を あらゆる災害から守ろう! 『原発』対策も含めて防災を考えよう

大切な命を あらゆる災害から守ろう!

 いま 町内会では・・・

 「自主防災づくり」が糸島市内で進められています。各地域ごとに、避難場所等の申し合わせ、防災会の班長・副班長の選出です。

 『原発』対策も含めて防災を考えよう

 糸島市の資料では(2011年4月22日)でも、今回の東日本大震災を「巨大地震と30メートルにも及ぶ津波と原発による大震災・・・」としています。
 福島の原発事故では、避難指示の遅れや誤った情報で被害が大きくなった例があります。
 地震・津波対策だけでなく「原子力防災計画」も、市民に知らせてください。

  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消防の緊急援助隊の活動を防災に活かせ! 

消防の緊急援助隊の活動を防災に活かせ!

【ひわだ】 東北の被災地へ緊急援助隊に参加した方の報告は、防災対策・避難訓練の参考になるのではないか。
 また、公共施設の※AED の活用について、設置状況や、みんなが使えるように、周知・指導は行なっているか。

【市】 宮城県に被災の応援にいかれた体験では、津波の避難は「津波はてんでんこ」の教えが生かされた。出前講座で話す機会を持つ。
 AEDの普及は、111の施設に設置している。
 AED講習は、平成22年度95回、3082人が講習を受けている。」

【ひわだ】 いのちを守る大事なAEDをみんなが使えるように周知・指導を行って、宝の持ち腐れにならないいよう活用を。」

 ※AEDとは、自動対外式除細動器

Img_20110703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月議会 ひわだ正子質問(抜粋) 二丈の風 No.67

 2011年3月議会(3月1日~25日)開かれました。

 就学援助制度は いつでも申請できる

[ひわだ]
 子どもの成長にともない全国でも学校給食費などの滞納が増えています。
 就学援助制度の支給範囲。申請はいつできるのか。申請窓口は?

[回答]
 いつでも申請できます。
 申請は学校教育課・市民課窓口まで。
 対象は生活保護停止世帯、児童扶養手当支給。その他市民税67800円以下の世帯(およそ年収268万円)には6割支給される。
 現在13.9%が受給している。

 就学援助制度は 公平に行うべきだ!

[ひわだ]
Img_07_023  高校進学奨学金の助成制度は、支度金と奨学金がある。
 同和地区の支度金は公立高校で4万5千円、私立は5万5千円。
 生活保護世帯などは3万円となっている。

 この差があるのはおかしいのではないか。
 教育環境はなによりも公平に行うべきではないか。
 子どもたちの教育支援に、同和の差別を持ち込むことはかえって差別を進めることになるのではないか。

[回答]
 23年度の国・県の動向を見て決める。

 二丈中に 25年度プール建設

[ひわだ]
Img_07_022  糸島の中学校2校にプールがない。
 二丈中・福吉中にもプールを。

[回答]
 二丈中の計画は25年度。
 福吉中には計画はない。

[ひわだ]
 福吉中にも作って下さい。

 小・中学校の各教室に 冷暖房の設置を!

[ひわだ]
 地球温暖化で空調設備は必要です。設置計画を。

[回答]
 空調を実施するのに10億円かかる。
 優先順位が低い。計画はない。

 住宅の安全問題について
 県道波呂・神在(二丈田中区)の改良は 5年後完成

[ひわだ]
 福岡県は飲酒運転の事故が日本一多いと聞く。
 飲酒運転事故で亡くなった高校生の同級生から「二度と起こさないで」とメールがおくられてきた。
 事故をなくす対策は?

[回答]
 糸島市では飲酒運転撲滅を呼びかけてきたが、事故は増加している。
 交通安全教室などで啓発していく。

[ひわだ]
 交通事故が多発する道路の補修改良について。
 県道波呂、神在線の歩道設置工事の進捗状況は。

[回答]
 平面測量実施、協議後用地買収、5年後の完成をめざす。

 防鳥ネット補助に いくら出したのか?

[ひわだ]
 今年はヒヨドリの被害が多く発生した。
 ことし、防鳥ネット補助対策が出された。
 いくら出したのか。

[回答]
 農家にとって大きな被害で、イノシシ用の電気牧柵・金網柵の補助率に準じて3分の1、ネット購入に対して補助を決定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災。心を一つに復旧を願う。 二丈は玄海原発から20キロメートル 安全・安心な町づくりを~  二丈の風 No.67

Img_07_024  3月11日、東北地方を大地震が襲いました。
 亡くなられた方、行方不明の方合わせて2万7千という大きな被害となりました。
 亡くなられた方、被災された方に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。
 今なお避難所で、13万人の人々が不自由な暮らしをされています。

 震災後、1ヶ月以上経ちましたが、更に大きな余震が今も続いています。

 心から一つに復旧を願う。

 医療の応援に行かれた福岡医療団理事長の報告を4月16日に聞きました。
 いわき市、南相馬市にいかれたお話は、医療の方も、消防・警察・自衛隊の皆さんも大変な思いで救助活動されています。

 福島原発から20キロ以内・30キロが自主避難となっていますが、くらしを保護されないと安心して避難生活も出来ません。

 こころを一つに復旧をと願っています。
 福島原発の事故は、漁業も農業も観光も、くらしを困難にしています。

 二丈は、玄海原発から20キロメートル 安全・安心な町づくりを!

Img_07_021  私たちの住む糸島二丈は、玄海原発から20キロです。
 今まで国は、「原発から10キロ離れていると安全の範囲」といってきましたが、安全神話はくずれました。

 玄海原発の1号機は36年経過しています。
 3号機の危険なプルサーマル発電の中止を求めてまいりましょう。

 住民の不安をなくし、安全で安心な町づくり、住んでよかったといわれるまちにしたいと思います。
 みなさんの声をお聞かせください。
                        ひわだ正子

| | コメント (0) | トラックバック (0)