国民健康保険

国民健康保険の大幅引き上げ中止を求める要望書 への署名を!

 国民健康保険の大幅引き上げ中止を求める要望書を12月議会に提出します。

 右のPDFファイルを開いて、印刷したうえ、署名してください。
 連絡をいただければ、署名をいただきに参ります。


Kokuho_yobou_01

 各モデルケースの国保税額
        (収入は世帯主1人のみとして試算)

○ 自営業・農業者などで所得300万円(年)夫婦40歳~64歳4人世帯
  現在 456,100円 → 545,900円に 89,800円 19.7%のアップ

○ 国保加入の従業員 給与450万円(年)夫婦40歳~65歳4人世帯
  現在 463,000円 → 554,100円に 91,100円 19.4%のアップ

○ 年金生活者で夫婦65歳~74歳まで 収入260万円(年)2人世帯
  現在 186,000円 → 209,000円に 23,000円 12.4%のアップ
  *65歳~74歳までの方は別に介護保険料を払います。
Kokuho_yobou_3
○ 夫婦64歳までの年金生活者 収入200万円(年)2人世帯
  現在 168,000円 → 204,300円に 35,700円 21.2%のアップ


 負担の重さは福岡市並に、福祉は大きな格差。

 所得300万円・家族4人世帯の場合、これまでの国保税は福岡市より年間11万円安かったのが、今回の答申通りだと差が2万円とほぼ同じ水準になります。
 一方、子どもの医療費助成は、糸島市はやっと来年から入院だけ小学3年まで無料、福岡市は今後入院は中学3年まで助成すると市長が議会で答弁。
 糸島市とまた大きな差が開きます。

 大型開発をやめて市民の暮らしを支えることに予算投入を。
 市民を元気にすることが市政の一番の使命です。
 糸島市は、一般会計から国保の財政に2億円、加入者1人あたり6千7百円の繰り入れをしていますが、大野城市は2万8千円、筑紫野市は1万4千円です。
 大型開発予算を削って周辺市並に大幅に国保への繰り入れを増やし、市民の暮らしを支えるべきです。

 糸島市国保引き上げストップ連絡会  会長: 中園辰信
 (西福岡民主商工会・福岡県建設労働組合・新日本婦人の会の各糸島支部・日本共産党糸島市委員会)

連絡先  西福岡民商 092-831-2666
      柳 080-5609-1266  伊藤 080-8553-6591

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民健康保険税の負担、納税相談、高額医療費について  糸島市議会 二丈の風No.65

国民健康保険税について住民の相談に応じているか。
 市 「事情により分割納税応じる。」

ひわだ  09年末、日本共産党が実施した住民アンケートでは、国民健康保険税など税金・公共料金などの負担が重いという声が一番多かった。
 糸島市の国保税は、40歳以上の夫婦と未成年の子ども2人の4人家族で、所得が100万円の場合と、200万円の場合いくらか。
回答  100万円の場合、15万3200円。200万円の場合、34万3600円。
ひわだ  国保加入者の所得は、100万円未満が5割以上と低所得者が多くなっている。年収の1割以上にもなる国保税は、この不景気の中で市民の生活を圧迫している。税の滞納者も増えている。
 差し押さえをして、収税を上げていると聞くが、住民の相談にはどんな対応をしているのか。
回答  均等割・平等割は基準に応じて7割・5割・2割と軽減される。また、リストラなどで失業した場合など、3割の所得と見る。
 納期を30日こすと滞納の催促をする。事情については分割納税相談などしている。
ひわだ  国保税を下げるために、糸島市は国にどんな方法を講じているのか。
回答  国へは市長会を通じて国保の要望をしている。

高額医療費の支給は連絡できないか。
 市 「通知することを検討する。」

ひわだ  高額医療費の支給について、世帯主に市の担当者から連絡をするシステムに改善できないか。支給申請は2年で時候になる。
二丈でしていた住民サービスが低下しているのではないか。
回答  糸島市でも通知をするよう検討していく。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)