平和

憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道  ~二丈の風No.84 2014年10月11月

憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道
憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道

世界中が注目!

憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道  憲法9条がノーベル平和賞にノミネート(候補)され、世界中が注目しました。

 日本のあちこちで、集会が行われています。

”憲法改正”は戦争への道

 糸島市議会に、「日本会議福岡」から国会に憲法改正の実現を求める意見書が出されました。
 5対15で可決されましたが、日本共産党議員団は、平和を守る立場から反対しました。

”日本会議”とは何でしょうか?

 この団体は、憲法を改正して、天皇中心の日本、戦争する国を目指す右翼団体です。
  (前衛11月号より)

世論は『憲法改正』は少数です。

 若者を戦争に送らせないために、平和憲法を守りましょう

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ダメでしょ! 戦争できる国づくり」  戦争・絶対反対! みんなが『反対!』と、声を出していきましょう!! 


★戦争、絶対反対! 若者を戦地に送らないで!!

★集団的自衛権・反対! 広がる抗議!!

★みんなが『反対!』と、声を出していきましょう!!

  PDFをダウンロード dame_pdf.PDF (200.5K)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「皆さんの声」  「編集後記」  二丈の風No.83

みなさんの声

○毎日買い物に困っています。
 Y店がなくなって、とても不便です。
 どうやって暮らしていけばいいんですか?
 買い物バスなど、市は考えてもらいたい。
       (70代女性)

○福吉駅が無人になって、階段の昇降ができない人は、駅が利用できない。
 (駅員さんに、下のスロープを開けてもらって利用していたが、深江駅を呼び出すようになっていても、実際そんなことはできない。)
       (60代男性)

○安部首相があまりにも横暴すぎる。
 いくらなんでも、戦争しないと誓った憲法9条を変えて、若者を戦地にいかせるのは絶対反対!
       (70代女性)

 

編集後記

 鹿児島・知覧の特攻隊の話。
 出撃を前に、お世話になった人を訪ね、
「明日出撃しますが、ホタルになって、きっと会いに来ます。」
と言葉を残して去って行った。

 後日、その家の中に、ホタルが飛んできたという。
 今の若者が、こういうことにならないように、戦争に反対の決意を固める。
         (F・H 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集団的自衛権とはなんですか? 日本は「戦争する国」になるのですか? 夫、子ども、孫、恋人を戦地に送るのをやめさせましょう!  6月29日(日)二丈苑  講師:近藤共典 弁護士

 集団的自衛権とはなんですか?
 日本は「戦争する国」になるのですか?

 安倍内閣は憲法を解釈だけで、日本を海外で戦争できるようにしようとしています。

 日本は平和憲法をもっています。

 日本は戦争で310万人の犠牲者を出し、アジア侵略で2千万人の犠牲者を出したことを反省して、平和憲法をつくりました。

 安倍自民党がやろうとしていることは、憲法の破壊です。

 若者を戦地に送らないで!

 夫、子ども、孫、恋人を戦地に送るのをやめさせましょう。

 みなさん、おいでください。 なお「うたごえ」などあります。

6月29日(日)
 11時 開会 ~ 12時半
 二丈苑
 講師 近藤共典 弁護士

   集団的自衛権の講師で活躍中
 入場料 無料です。

 

■ お問い合わせ ■

ひわだ正子

電話 092-326-5587

携帯 090-4348-7913


Img_20140623_01 ■ 筑肥線 筑前深江駅から
     徒歩10分

■ 二丈中学校校庭西側

■ 糸島市社会福祉協議会内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、声をあげるとき。  ストップ!「戦争する国」   解釈で憲法9条を壊すな!  皆さんと力を合わせ、戦争反対します。 二丈の風No.82

今、声をあげるとき。  ストップ!「戦争する国」

 

 安倍内閣自民党は、憲法の9条を変えようとして、国民の強い反対にあい、別のたくらみを考えています。

 憲法を変えないで戦争できる?

 憲法があっても集団的自衛権(戦争できる国)は、行使できると、安倍内閣は国民をごまかそうとしています。

 今こそ みんなで戦争反対の声を上げましょう。

 日本は、300万人の犠牲者 ・ 又、アジア侵略で、2千万人の犠牲者を出したことを反省し、平和憲法をつくりました。

 安倍内閣の、日本を戦争できる国にするたくらみを、絶対に許さないようにしましょう。

 共産党は、皆さんと力を合わせ、戦争反対で、がんばります。

解釈で憲法9条を壊すな!集団的自衛権行使は戦争の道

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい世の中を開く扉は!  日本共産党の”3つの役割”  二丈の風No.77

Imgnij77_06 Imgnij77_07

① 防波堤の党

 自・公政権は「消費税を上げる」「憲法を改悪し、戦争ができる国」にしようとしています。
 こういう暮らし、平和を破壊する流れに正面から立ちはだかり、悪政から国民を守ります。

② 『世直し』の党

 大企業は溜め込んだ260兆円の1%を支出するだけで、労働者の1万円の賃上げができます。
 外交政策で特に尖閣問題では、冷静な話し合いを続け、決して武力を用いてはなりません。
 即時原発ゼロを提言します。

③ 国民と共に運動する党

 「原発再稼働反対」「TPP参加反対」「米普天間基地撤去」などの各分野の運動と交流協力して、それぞれの切実な要求を支持し、実現のため誠実に力を尽くします。

Imgnij77_08

所得増こそカギ

 「働く人の所得を増やす政治に転換することこそ、デフレ不況から抜け出す最大のカギがある。」と日本共産党の志位和夫委員長は語りました。
 給料が上がり、購買意欲が出て、内需が活発になってこそ、デフレ不況から抜け出すことが出来ると、経済ジャーナリストも言ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税増税中止を!  拉致問題の早期解決を求める!  農業委員会にもっと女性の採用を!  休日・夜間急患センター条例    ~糸島市議会~  二丈の風No.77

消費税増税中止を

 共産党議員団は、意見書を提出しました。
 消費税増税は、暮らしをめちゃめちゃにするものです。
 経済的に、苦しい人にとって、消費税増税は認められません。
 中止を求めます。
 国民の暮らしが守られなければ、国の発展はないのです。

拉致問題の早期解決を求める

 非情な拉致問題の早期解決を求める請願は、全員一致で採択されました。

Imgnij77_13

農業委員にもっと女性の採用を!

 いままで女性の委員は1名でしたが、今回女性2人が選出されました。
 農業委員は28人です。
 そのうち女性委員2人はまだ少ない。

休日・夜間急患センター条例

 急患の診療時間について、医師の配置が困難という医師会の要望があり、今まで午前7時までの診療時間が、午前6時までに、短縮されました。
 一刻も争う急患の診療時間を短縮していいものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「9条外交」で日本の平和と安心を守る  二丈の風No.65

平和で安心してくらせるように

 「9条外交」で日本の平和と安心を守る

 今、北朝鮮の事件や尖閣諸島問題などを使って日米安保体制の強化、つまり「軍事には軍事で対応する」という流れが出てきて、沖縄への基地押し付けに利用されています。

 外交力で解決できる

 北朝鮮の問題も中国が6ヶ国緊急会議を提案しています。砲撃事件は北東アジアの平和と安定にかかわるので緊急に話し合うという提案です。これは道理ある主張です。
 憲法9条を持つ日本がリードして各国に働きかけることが大事だと思います。

 領土問題で必要な歴史認識

 今、領土問題が千島列島、竹島、尖閣諸島などがあります。この問題は日本の外交にアジアに対する侵略戦争へのきっぱりした反省がないため、こじれています。

 千島列島・竹島・尖閣諸島は 日本領土です

 外交で「韓国併合」や中国侵略を「片付いた問題」とせず正しい歴史認識を持つことが必要です。そして、千島・竹島・尖閣は平和的に日本が領有したことを歴史的事実をもとにして堂々と主張すべきです。

Img_20110216_4

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みなさんの声 「尖閣諸島は主張すべきだった。話し合いによる平和的解決を」 二丈の風 No.64 #itoshima

みなさんから寄せられた声です。

● 尖閣諸島問題がマスコミで報道されているが、歴代政府がきちんと領有権をはっきり文書で主張すべきだった。
 これを機に、軍事力を強めようというのはもってのほか。
 今こそ話し合いによる平和的解決をやってほしい。
                        (90代男性)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あとがき  No.63-9

No63_9クリックすると拡大します

 7月14日の大雨で被害が起きました。
 対策にひきつづき努力してまいります。
 異常気象の影響もあり、熱中症で気分が悪くなられた方もいらっしゃるのではありませんか。
 水分・塩分補給を心がけてください。

 今年の平和行進は広島・長崎から65年の夏を迎え、7月11日は鹿家から深江、12日は深江から前原へ、雨と風の中を平和行進は行われました。

 さて、これは私の失敗談ですが、外出をする時は、くれぐれも火のもとの確認をお忘れなく。

檜和田正子  

| | コメント (0) | トラックバック (0)