子育て・教育

憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道  ~二丈の風No.84 2014年10月11月

憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道
憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道

世界中が注目!

憲法は日本の宝!! 世界中が注目! 憲法改正は戦争への道  憲法9条がノーベル平和賞にノミネート(候補)され、世界中が注目しました。

 日本のあちこちで、集会が行われています。

”憲法改正”は戦争への道

 糸島市議会に、「日本会議福岡」から国会に憲法改正の実現を求める意見書が出されました。
 5対15で可決されましたが、日本共産党議員団は、平和を守る立場から反対しました。

”日本会議”とは何でしょうか?

 この団体は、憲法を改正して、天皇中心の日本、戦争する国を目指す右翼団体です。
  (前衛11月号より)

世論は『憲法改正』は少数です。

 若者を戦争に送らせないために、平和憲法を守りましょう

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糸島市議会一般質問  「二丈・志摩の支所はなくさないで!」「糸島市に、障害のある子どもの教育施設が必要」「子育て支援を!子どもの医療費の助成を」 二丈の風No.80

二丈・志摩の支所はなくさないで!
ひわだ  二丈・志摩の支所が、合併5年でなくなると、住民サービスはどうなるか。
 相談や、証明書発行などに訪れる人は、支所がなくなることに反対です。
 支所には、災害・防災の拠点としての役割があるのではないか。
回答  庁舎の統合問題は、特別委員会の提案に沿って考える。
ひわだ  唐津市は、合併後も支所を残して、住民サービスを行っている。
 糸島市も支所・総合窓口は残してもらいたい。

糸島市に、障害のある子どもの教育施設が必要
ひわだ  子どもの発達の障害の診断が難しいといわれている。
 子どもの発達について、専門的な診断はだれがするのか。
回答  定期的な乳幼児検診と、相談は、あごらで行っている。
 毎年、約1000件の検診や、相談を受けている。
ひわだ  糸島市は、支援学校に通うために「いとバス」を走らせているが、保護者の負担がある。
 これから先、保護者の負担はどうなるのか。
回答  26年度までの補助の計画はある。
 生の松原の保護者負担は、毎月1万円くらいです。
ひわだ  子どもたちの生きる力を育み、一人一人の教育的なニーズに対応した特別支援学校を、ぜひ糸島市に作ってほしい。
回答  県には、特別支援学校設置の要望を続けていく。

子育て支援を! 子どもの医療費の助成を中学卒業まで無料に
ひわだ  糸島市は、就学未満まで医療費は無料となっています。
 しかし、安心して子育てができるためには、医療費の無料化の拡大を、中学卒業までできないか。
 拡大できれば、まちづくりの大事な施策になる。
回答  他市の状況を見て検討している。
ひわだ  福津市は、医療費の補助が拡大されたと新聞に報道された。
 通院の場合は小学6年、入院なら中学3年生まで、来年の1月から実施するという内容です。
 「子育て環境を整備して、定住促進につなげたい」と、市の説明です。
 糸島市も、子育て支援策の検討を、積極的にすすめてほしい。

 

 9月議会の請願3件の結果は?

請願3号  九州電力玄海原発の再稼働に反対する意見書を提出する請願
審査結果 :賛成9人・反対13人で、不採択
請願4号  糸島市が自然エネルギーを積極的に推進し、原子力エネルギーに頼らない政策への転換を急速に始める請願
審査結果 :審査をもっと進めるために継続審議結果となりました。
請願5号  国に対し「消費税の増税中止を求める意見書」の提出を求める請願。
審査結果 :賛成5人・反対17人で、不採択

日本共産党は、上記の請願すべてに賛成しました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育てのしやすいまちづくり  子どもの医療費無料化、保育料の助成、児童館へ取り組み、学校給食・食育、通学路の安全   糸島市議会  二丈の風No.78

Img_20130525_01

 子どもの医療費無料化を
    (小・中学校まで)

 子どもが次々病気に!
 「子ども3人が、次々に病気にかかり、月の医療費が一万円。せめて小学校卒業まで、通院費も無料に」と、ある母親は訴えています。

 ひわだ議員は、糸島市でも小・中学校卒業まで通院・入院とも無料化してほしいと、質問しました。

 岡山県では”無料”です。

 岡山県の制度は、ほとんどの市・町村が中学校卒業まで、通院・入院が無料となっています。
 無料化は、重症化の予防にも役だっています。

Img_20130525_02 子どもの医療費助成を!

 子どもを生み育てることが大変難しい時代と言われます。
 働く人の所得や雇用が減少しています。
 これから安心して子育てのできるように、子どもの医療費の助成制度は保護者の願いです。
 福岡県内の自治体の中で、入院は春日市・筑紫野市は小学3年生まで無料。
 苅田町は通院・入院とも中学3年生まで無料となっている。
 糸島市でも、小・中学校卒業まで無料にすることはできないか。Img_20130525_16

 糸島市は、小学校入学までが無料。
 定住化促進のためには、重要と認識するが、拡大については、さらに検討したい。

 子育てしやすい、住みやすい市にしたい。

 

 保育料の助成を

 子育て支援の保育料の無料は、18歳未満の、第3子の子ども3歳未満のみとなっている。
 4歳・5歳まで拡大できないか。

Img_20130525_14

 拡大は検討する。

 

 児童館の計画は

 地域の子育てについては、地域振興協議会の中で、取り組まれている。
 福岡県は、青少年の非行率が高く、心配です。
 子育ての不安や、青少年の育成など、子育ての環境整備の一つ、児童館に取り組む計画はないか。
 (児童館とは、指導員がいて、子ども達が安心して過ごすことが出来る場所です。)

 子育て支援センターがある。

 

 学校給食は、重要な食育です。

 学校給食では、食育の指導が行われている。
 学校給食費の助成する就学援助制度があります。
 就学援助を受けられる基準は、4人家族で406万円。
 福岡市の場合、基準は450万円となっている。
 対象者の拡大はできないか。

 生活保護基準と同じ(拡大はできない。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食と暮らし・命を守ろう  TPPに参加すると、どうなるか?  農業・知的財産(医療)・食の安全  アメリカの言いなりのTPPに反対します! 二丈の風No.78

 

 

 

 

アメリカは食品添加物が 3000品目
日本は   〃 800弱

日本では認可されていない添加物が入った食品は、食品衛生法違反であるが、これをアメリカは、はずそうとしている。

Img_20130525_21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”子どもは未来の宝”  危ない道路はただちに改善を!通学路のカラー化へ前進  体育館改修工事検討を  福吉中のプール実現して  就学援助制度枠を広げて!   二丈の風No.77

Imgnij77_02
通学路のカラー化へ前進

 昨年6月議会から3回にわたって「通学路のカラー化」をひわだ正子議員は要求してきました。
 市は「実施予定として、4月以降試験的に行う」と回答しました。
 各地ではすでに”道路のカラー化”は進んでいます。
 一日も早い実施が望まれます。

   (12月議会より)
【ひわだ】 歩行中の死傷者数の割合が高い。
 福岡市ではすでにカラー化が進んでいます。
 北九州市も熊本市も、安全対策・交通安全施設整備費予算化がされた。
 「歩行中の命を第一に守る」ために、車道と歩道を色分けする道路のカラー化を、いつ実現するのか。

【市】 来年度試験的に実施をする。

福吉中のプール 実現して

Imgnij77_04  二丈中学校はプール建設計画があります。
 しかし、糸島市では福吉中学校だけがプールがありません。
 現在、プール授業は、民間の施設で行われています。

体育館改修工事検討を

 市民団体や建設業者で作っている「学校施設をよくする会」では、毎年夏に市内の小中学校を視察して、子ども達の教育環境の安全性などをみています。
 小学校の体育館の雨漏りが改善されていないことがわかりました。
 共産党の議員も同行し、早速12月議会で取り上げ、市は「改修工事の方法をどうしていくか検討する」と回答しました。
 体育館は、住民の避難場所でもあり、早く改修してもらいたい。

Imgnij77_03

   (12月議会より)
【ひわだ】 学校施設の整備や修繕の推進、老朽化に伴う改善が必要な施設について、メンテナンスは行われているか。
 桜野小学校の体育館の雨漏りが改善されていないが、修繕計画はあるのか。

【市】 体育館の雨漏りは、改修方法を検討していく。
 教育の充実のために、教育予算の確保にせいいっぱいつとめる。

【ひわだ】 糸島市の中学校6校のうち、福吉中のプールのみ建設計画がないのはなぜか。 

【市】 授業だけは、前原の施設で行なっている。

就学援助制度枠を広げて!

Imgnij77_12 【ひわだ】 来年度から学校給食費の値上げになる。
 就学援助の制度の対象枠を広げるべきではないか。

【市】 就学援助の説明は、新1年生に入学式で説明する。
 また、広報誌や、ホームページで知らせる。
 教育予算も厳しい状況であるが、認定者は少しづつ増えている。
 現行の制度を維持して行く。

【ひわだ】 義務教育は無償と憲法でうたわれている。
 就学援助制度は子育て支援の制度です。
 もっと利用しやすく、適用枠の拡大を。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声   納税・道路の改修工事・学校給食・市庁舎問題  二丈の風No.77

Imgnij77_05
 都合で納税が少し遅くなった。
 糸島市は、職場にまで「滞納のお知らせ」を送ってきて恥をかいた。
  それ以後、糸島市を転居した。(60代女性)
 
 道路の改修工事は、もっと計画的に効率よくできないものか?
 工事のたび迂回するので不便!
 地元住民に説明はしているのか?(50代女性)
 
 二丈の二つの中学校給食は大野城市から出来上がってくるそうです。
 できたら、ほかの中学校のように、校内の給食室で作られれた給食を食べさせられないか?
 地元の食材や調味料などを使うと町の活性化にもつながると思うが。(60代男性)
 
 市庁舎の建て替えが検討されているが、二丈支所は残すべきだ。(40代男性)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月糸島市議会 ひわだ正子  一般質問  「糸島の森林再生について」「子育て支援、就学援助制度のさらなる充実を」「福吉中・二丈中の学校給食について」「道路の安全対策、路肩の草刈りについて」「通学路のカラー化について」

糸島市会議員 ひわだ正子は、皆さんと力を合わせてがんばります。

Img_20121028_11 2012年9月議会は(9月3日~27日)開かれました。
 9月14日 ひわだ正子 一般質問

糸島の森林再生について

【ひわだ】 今年4月から民間に無料で貸し付けた「木の香ランド」が、7月から市の管理になった。
 木の香ランドは、キャンプ場の設備がよく整備されている。
 利用を進めるために、真名子林道の整備や安全対策、森林公園づくりなど、市の対策はどうなっているのか。

[回答] 草刈りなどは、シルバーに委託して整備している。
 これから、森林の間伐と森林の利用・活用の支援については、「森林再生整備事業プロジェクト」をつくって、行なっていく。

子育て支援、就学援助制度のさらなる充実を

【ひわだ】 将来の担い手である子どもの健やかな成長を願って糸島のまちづくりが行われている。
 就学援助制度は、義務教育費は無償と憲法26条などの関係法令にもとづき、学用品・給食費などを助成する制度です。
 小・中学生のいる親は、誰でも申し込みのできる制度です。
 申請方法について、十分説明がされているのか。

[回答] 入学式で新一年生の保護者に説明を行なっている。
 二年生以上にはチラシを配っている。

福吉中・二丈中の学校給食について

Img_20121028_13【ひわだ】 二丈の2つの中学校給食は、大野城市から食缶で運んできている。
 糸島市の他の中学校は、自校方式です。
 二丈の2つの中学校も、自校方式にできないか。
 また、親子方式の給食はできないか。(親子方式とは、小学校で給食を作って、中学校に運ぶ方式)

[回答] 考えていない。 平成29年3月まで今のままで行く。

みんな同じ糸島の子ども達です。今後も学校格差をなくす為、給食問題は追求していきます。(ひわだ)

道路の安全対策、路肩の草刈りについて

Img_20121028_12【ひわだ】 交通事故は子どもや高齢者が最も多いと言われている。
 人命にかかわる通学路や、道路の危険箇所について、特に路肩の除草は行われているか。

[回答] 草刈りの要望があれば、国や県に取り次ぐ。
 除草は夏から秋に行なっている。
 バイパスの路肩の除草は国土交通省が行う。

通学路のカラー化について

[回答] 通学路のカラー化は、福岡市など4市で実施されている。
 市でも検討する。

カラー化を実現し、通学路の安全のため、今後も質問します。(ひわだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもと高齢者を交通事故から守ろう!  歩道・道路拡張・有料道路の無料化・道路のカラー化を

市議会から

子どもと高齢者を交通事故から守ろう!

【ひわだ】 国道202号線の筑前深江駅前から、きつ川までの歩道が完成した。海側の計画はあるのか。

[市・回答] 計画はない。

【ひわだ】 福永・武線の道路拡張計画が進められているが、工事はいつ完成するのか。

[市・回答] 現在、45%完成している。平成26年度に完成するよう進めていく。

【ひわだ】 二丈浜玉有料道路の無料化について、25年度には無料化されるのか。

[市・回答] 今のところ決定していない。地元の福岡県と佐賀県で検討される。

Img_20120716_10

 道路のカラー化を

【ひわだ】 狭い、歩道のない通学路の道路のカラー化は、子どもたちを交通事故から守ることができるのではないか。検討をしてはいかがか。

[市・回答] 検討する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月議会は、(3月1日~26日)開かれました。  子ども医療費助成、放課後児童クラブ、福吉自主運行バス、きららの湯、玄海原発について

子どもの医療費助成、六年生までにできないか?

[ひわだ] 子育て支援の施策として、子どもの医療費助成制度無料化を、小学校卒業まで拡大することはできないか。

【回答】 年齢拡大は現在のところ考えていない。

[ひわだ] 糸島市では、子どもの医療費助成は、現在、小学校入学前まで無料になっている。
 医療費の無料化を1学年拡大するのにいくらの費用がかかるのか。

【回答】 1学年拡大するのには、約6千万円の費用が必要だと考えている。

[ひわだ] 県内の過半数の自治体で、県の制度を上回る自治体が増えている。
 糸島市の子どもの医療費の助成拡大は、特に若い子育て世代の要望が多い。

 

「放課後児童クラブ」の学年拡大を

[ひわだ] 放課後児童クラブは、すべての小学校で開設され、入所できる児童は1年から3年の働いている家庭の児童となっている。
 4年生になって、放課後のことを心配している家庭も多い。
 入所希望アンケートを取って、受け入れを検討すべきではないか。

【回答】 4年生の希望する家庭がいると聞いているが、面積の小さい放課後の児童クラブもあり、安心して預けることができる設備を優先したいと考えている。

 

福吉自主運行バス「ふくよし号」について

[ひわだ] 1月24日から福吉公民館を中心に3つのコースを、それぞれ1日2往復運行しているが、1日に何人の利用者がいるのか。

【回答】 3月6日時点で合計269人の利用があり、目標の1日10人を超えている。

[ひわだ] 買い物や、きららの湯・二丈支所・図書館に「ふくよし号」は喜んで利用されている。
 しかし、週1回の運行では不十分です。また、有償ボランティアでやるのには限界がある。
 公共交通のコミュニティバスとして走らせることはできないか。

【回答】 市民と共同の事業として、市は事業の補助を行っていく。

(追記:有償ボランティアとありますが、無償でおこなわれています。自発的に交通の活動に協力をされています。 (2012/10/3))

 

「きららの湯」土・日も、高齢者割引を!

[ひわだ] 65歳以上の高齢者に「きららの湯」の料金割引サービスがおこなわれているが、平日のみが対象である。
 高齢者の健康づくりの観点から土・日も対象にできないか。

【回答】 「きららの湯」は、土曜・日曜・祭日になると、市民だけでなく、市外からの利用者も多く、混雑することから、平日以外の助成は考えていない。

※高齢者の割引には、健康対策事業証明書が必要です。

 

玄海原発と住民の安全について

[ひわだ] 大震災の死者・不明者は、約一万九千人となった。
 避難・転居されている人は、34万人にもなる。
 玄海原発一号機が建設されてからすでに37年目をむかえており、日本で一番危険な原発いわれている。
 20キロ~40キロ圏内に住む糸島の住民の安全を第一に考え、自治体の長として、原発に頼らない、再生可能なエネルギーを推進する社会を目指すことを表明していただきたい。

【回答】 脱原発は直ちに無理。徐々に比率を下げるのが望ましい。
 太陽光発電導入や、省エネなど自らの努力も必要だ。

※太陽光発電の助成を、糸島市でも行うように、9月議会の中で要望した。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糸島市の奨学金助成制度について   今年度から支給額の差が改善

 奨学金助成制度について

 糸島市に奨学金制度があります。
 昨年の3月議会で、奨学金の支給額に差があるが、「国の同和対策事業はすでに集結しており、教育環境は公正に進めるべきではないか。」と一般質問をしました。
 新年度から、一般対策として実施されることになり、支給額の差は改善されることになりました。

 高校や専修学校の進学前に、学校に問い合わせしましょう。
 また、就学助成制度の申し込みは、いつでもできます。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧