« 地域経済を発展させよう「農業水産業を基盤に」 糸島は自然の宝庫  二丈の風No.87 | トップページ

市は二丈の声にもっと耳を傾けて  二丈の風No.87

12月議会報告
《 いとう千代子議員の質問 》

Img_20150201_21

 昨年7月からJR一貴山駅と福吉駅は無人化され、職員がいなくなりました。
 私は6月議会で、「福吉駅は階段が多く、車いす利用者などは、駅員が地上のスロープ(通路)を開けてホームに乗り降りできるようにしてきた。無人駅になったらどうするのか」とたずねました。
 すると市は、「JR深江駅から職員を派遣して車イスの対応をする」と答弁しました。

 しかし、無人化後、現実はそうならず、住民から「ベビーカーの母子がホームで困っていた」とか、「スロープが閉鎖されている」と相談がありました。

 そこで私は、12月議会で、「議員は市民の代表だ。議会答弁と違うのは、議会の信用に関わる」とただしました。

 市は、「その点については申し訳なかった」と述べ、「唐津駅に連絡すれば、そこから職員を福吉駅に出向かせる」と答えました。

 「職員がいなくなってから、駅が暗くさびしく感じる」「防犯上、心配」など安全安心な町づくりの願いは切実です。
 「市役所は、前原中心の開発に税金を使い過ぎているのではないか。二丈や志摩住民のことをもっと考えてほしい」との声もあります。

Img_20150201_23

 二丈の人口は減ってきており、駅の無人化や二丈支所の廃止で、合併後の二丈がさびれるようなことがあってはなりません。

 二丈のみなさん、今年もがんばります。
 どうぞよろしくお願いします。
         

|

« 地域経済を発展させよう「農業水産業を基盤に」 糸島は自然の宝庫  二丈の風No.87 | トップページ

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299712/58796723

この記事へのトラックバック一覧です: 市は二丈の声にもっと耳を傾けて  二丈の風No.87:

« 地域経済を発展させよう「農業水産業を基盤に」 糸島は自然の宝庫  二丈の風No.87 | トップページ