« 2014年6月 | トップページ | 2014年11月 »

福吉駅と一貴山駅の無人化   中止して下さい!   6月議会報告  二丈の風No.83

Img_20140720_01

何かあってからでは遅い

Ito_t いとう 7月1日から福吉駅と一貴山駅が無人駅になると、二丈の5つの駅のうち4つが無人になってしまう。
 駅員さんがおられることで、掃除が行き届き、朝8時から夜8時まで安心だった。
 無人化で、駅が非行少年のたまり場になる恐れもあり、防犯対策が心配だ。
 市は、現地に足を運び、住民の声を聞いたか。

 5月に代表区長に話し、我々も駅の現地を見た。
 警察の巡回を増やすようお願いしている。

いとう 100段近い階段のある福吉駅は、無人になったら高齢者や障がい者は乗り降りできず、観光や親せきも来られなくなる。
 対応は?

 車イス等は、(乗る時も降りる時も)深江駅に連絡あれば、係員が出向いて対応する。
 車イス利用者には、JRが説明をする。

市長 答弁せず

いとう JR無人化基準は、1日の利用者が700人。
 加布里駅が、今700人。
 このままでは、前原以西は無人駅ばかりになってしまう。
 二丈は、合併後、人口が減って、過疎・高齢化が進んでいる。
 人口対策は、前原ではなく、周辺部(バスの充実など)が必要だ。
 市長はどうかんがえているか。

市長 (・・・)

 電車もバスも、地域が乗って支えるべきだとアピールする。
 市民もそう理解してほしい。

いとう 福吉校区の方が手紙をくださり、JRに抗議したが、上が決めたことだと切られたという。
 「糸島市が人口をふやしたいのなら、弱者を切り捨てないで」と訴えている。
 市は、今後ばく大な税金で新駅の整備費用を負担する予定だ。
 市長は、JRに住民の声を届け、無人化の中止を要望していただきたい。

(部長) JRは、基準を設けてしている。やむを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月議会報告  『二丈支所は残すべきです』

二丈支所は残すべきです

国からの補助金は、支所のために使うものです。

Yanagi_t

やなぎ 県内で支所廃止は宗像市と糸島市の二つだけではないのか。
企画部長 その通り。
やなぎ 国は、合併後の支所が防災や住民サービス、地域コミュニティの維持に重要な役割を果たしていることに注目して、1支所あたり2億4千万円を基本に合併自治体に配分することを発表した。
糸島市にも配分されるのは間違いないか。
総務部長 配分される。
やなぎ 国も支所は大事だと予算を回すのに、二丈・志摩の支所廃止後は証明書発行と簡易な相談機能があるだけ。
これでは糸島市はただでお金だけもらうことになりかねない。
合併後、二丈・志摩の人口は全校区で減っている。
住民のために支所機能を残すべきだ。
市長 市の総合力発揮や定住促進策で対応していく。

災害発生時に常駐職員不在は対策に不安

やなぎ 現在は支所長に避難指示の権限がある。
権限がある常駐幹部職員不在で緊急時の初動体制がとれるのか。
総務部長 まず情報収集のために職員を派遣し、その後に市長を責任者に災害対策本部を作り現地対策本部設置のため職員を派遣する。



マスコミの記者も疑問
 市の回答にマスコミの記者は「道路が寸断されてしまった場合、派遣できるのか」と疑問を投げかけていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ダメでしょ! 戦争できる国づくり」  戦争・絶対反対! みんなが『反対!』と、声を出していきましょう!! 


★戦争、絶対反対! 若者を戦地に送らないで!!

★集団的自衛権・反対! 広がる抗議!!

★みんなが『反対!』と、声を出していきましょう!!

  PDFをダウンロード dame_pdf.PDF (200.5K)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「皆さんの声」  「編集後記」  二丈の風No.83

みなさんの声

○毎日買い物に困っています。
 Y店がなくなって、とても不便です。
 どうやって暮らしていけばいいんですか?
 買い物バスなど、市は考えてもらいたい。
       (70代女性)

○福吉駅が無人になって、階段の昇降ができない人は、駅が利用できない。
 (駅員さんに、下のスロープを開けてもらって利用していたが、深江駅を呼び出すようになっていても、実際そんなことはできない。)
       (60代男性)

○安部首相があまりにも横暴すぎる。
 いくらなんでも、戦争しないと誓った憲法9条を変えて、若者を戦地にいかせるのは絶対反対!
       (70代女性)

 

編集後記

 鹿児島・知覧の特攻隊の話。
 出撃を前に、お世話になった人を訪ね、
「明日出撃しますが、ホタルになって、きっと会いに来ます。」
と言葉を残して去って行った。

 後日、その家の中に、ホタルが飛んできたという。
 今の若者が、こういうことにならないように、戦争に反対の決意を固める。
         (F・H 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年11月 »