« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

黙っていれば、10%に! 増税ストップ!   「25年前に始まった消費税は265兆円、これまで何に使われたのでしょうか?」 「大企業などの法人税減収の246兆円の穴埋めに使われてしまいました」

黙っていれば、10%に! 増税ストップ!
県各界連の消費税増税許すなの訴えに署名する市民(1日、福岡市博多駅前で)  「黙っていれば10%へと上げられてしまいます。大増税路線をストップさせましょう」と全国で増税中止署名が取り組まれています。

 3人の子どもを連れた母親(39歳)は、「食べ盛りで食費をへらせない」と、反対の意思表示をしました。

こんなウソ許せません!

 25年前、消費税3%が導入されました。 この間264兆円の税収は、何に使われたのでしょうか?

 大企業などの法人税徴収の246兆円の穴埋めにつかわれてしまいました。

 福祉というのはウソです。

25年間の消費税収は法人税減収の穴埋めに

社会保障ズタズタ

    1989年~2014年に 改悪された例  (一部抜粋)

1994年 入院患者の食事代自己負担に

1997年 消費税 3% → 5% に引き上げ

      労働者本人窓口負担  1割 → 2割

      老人医療窓口負担 入院 300円 → 1000円に

2003年 労働者本人窓口負担 2割 → 3割

2005年 介護保険の食費など全額自己負担

2006年 国民健康保険料 引き上げ

2008年 後期高齢者医療制度 導入 など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、声をあげるとき。  ストップ!「戦争する国」   解釈で憲法9条を壊すな!  皆さんと力を合わせ、戦争反対します。 二丈の風No.82

今、声をあげるとき。  ストップ!「戦争する国」

 

 安倍内閣自民党は、憲法の9条を変えようとして、国民の強い反対にあい、別のたくらみを考えています。

 憲法を変えないで戦争できる?

 憲法があっても集団的自衛権(戦争できる国)は、行使できると、安倍内閣は国民をごまかそうとしています。

 今こそ みんなで戦争反対の声を上げましょう。

 日本は、300万人の犠牲者 ・ 又、アジア侵略で、2千万人の犠牲者を出したことを反省し、平和憲法をつくりました。

 安倍内閣の、日本を戦争できる国にするたくらみを、絶対に許さないようにしましょう。

 共産党は、皆さんと力を合わせ、戦争反対で、がんばります。

解釈で憲法9条を壊すな!集団的自衛権行使は戦争の道

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニティバス(糸島市)は、すみずみまで、走らせて!   二丈の風No.82

コミュニティバス(糸島市)は、
すみずみまで、走らせて!

Img_20140503_09  今、糸島市のコミュニティバスは、庁舎線・九大線・野北線など10路線が走っています。
 しかし、二丈区は深江までしか走りません。

 福吉校区などは、地域住民に運転してもらう「自主運行バス」が走っています。
 糸島市は、二丈のすみずみまで走らせるべきです。

 自主運行バスではなく、コミュニティバスを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声を届けます。  日本共産党議員団  (いとう千代子議員・やなぎ明夫議員)  2014年3月議会より   二丈の風No.82

みなさんの声を届けます。  日本共産党議員団

 やなぎ明夫議員 やなぎ明夫議員 いとう千代子議員 いとう千代子議員
(志摩師吉在住)
総務文教委員
議会広報編集委員
(波多江駅南在住)
建設産業委員

2014年3月議会

Img_20140503_04

いとう千代子議員

  1. 玄海原発再稼働の危険性・災害弱者の避難について.
  2. 弱者に対する国保税の課税・税のあり方
    生活困窮者・子どもの貧困の実態と支援について
  3. 農業振興地除外の、公平性、情報公開について

やなぎ明夫議員

  1. 消費税が増税された場合の市民生活、中小業者などへの影響を、どうとらえているか。
  2. 増税された場合の影響、価格対策について
  3. 中小商工業の振興策について
  4. 原発問題と自然エネルギーの推進について

    詳しくは、「糸島の風」No.24 を、お読みください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二丈役場(旧)は、住民のよりどころ    まだ、あきらめない。役場は住民サービススが基本です。   災害時に危険がある。今でも不便なのに。   二丈の風No.82

二丈役場(旧)は、住民のよりどころ まだ、あきらめない。役場は住民サービススが基本です。


日本共産党は廃止に反対

 「合併していいことあった?」
 日本共産党は、二丈・志摩の役場(旧)を廃止する案に反対しています。
 理由の一つに、役場職員が少なくなると、災害時の避難がスムーズに行われない危険があります。

今でも不便なのに・・・

 二丈町の時には取れた証明書等も、合併により前原まで行かざるを得なくなっています。
 更に廃止されると、利用件数の少ない証明書は取れなくなってしまいます。

隣の市町村では?

 唐津市の浜玉・七山などは、役場が存続し、機能しています。
 なぜ廃止されるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声 「消費税は福祉のため?」「地震が多発しているのに原発?」「買い物難民対策を!」「農業後継者は育っているのか?」   編集後記「里山資本主義と金もうけ」    二丈の風No.82

Img_20140503_00

  • 高齢者の介護施設が必要な人が入居できる特別養護老人ホーム(特養)は、入居待ちが全国で52万人にのぼることが、厚生労働省の調査で分かったそうです。
    消費税8%は「福祉のため」と言っても信じられません。
                           (60代女性)
  • 地震が多発している。
    学者は「日本列島は活動期に入っている」と言っている。
    原発は危ない。廃止すべきだ。
                           (70代男性)
  • 近くに商店がなくて買い物が不便な人を「買い物難民」というそうですが、今は運転できても、いつ出来なくなるかわかりません。
    毎日の買い物が不便だと生活に支障をきたします。
    市も対策に乗り出してほしい。
                           (80代女性)
  • 茶畑の多い八女では、後継者がいなくて、お茶の値段を上げざるを得なくなっているそうです。
    糸島の農業後継者は、どう育っているんでしょうか?
    市長は「糸島の農産物のブランド化」をひろげようとしていますが・・・。
                           (40代男性)
       

Img_20140503_02

編集後記

 今、「里山資本主義」という本が、売れているそうです。
 舞台は、中国地方の山間部。木くずを燃料に活用して、地域を活性化している話です。
 「お金に依存しない経済システム」です。

 原発を輸出して、金もうけをしようと必死ですが、地球を汚し、いのちを脅かす原発には絶対反対!
                       (F・H 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »