« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »

檜和田正子の実績  住民の皆さんや二丈共産党支部と力を合わせて実現したこと、行動したこと。  2003年から2014年 11年間

Img_20140407_01

ひわだ正子            2003年から2014年  
檜和田正子の実績     11年間

  住民の皆さんや二丈共産党支部と力を合わせて実現したこと、行動したこと。

1、乳幼児医療費の入学前までの無料化、妊婦検診の回数を増やした。

2、中学校給食を実現、地元の食材を使う地産地消の給食に改善を要求した。

3、合併の押し付け反対を主張した。

4、合併浄化槽の補助は、2年以上の住民に限るという条例を変えさせた。Img_20140407_02

5、生活・法律相談会活動・毎月開催。困っている人の声の解決に努力した。

6、「きららの湯」シルバー割引を実現した。

7、「核ゴミ処分場」の誘致計画に反対する町長答弁引き出す。

8、高校施設(二丈苑)トイレの洋式化を実現した。

9、しおさい公園のネット裏に日よけを設置実現した。

10、一貴山校区波呂・神在線の道路改善の調査費がつく。(実現)

11、就学援助申請に、民生委員の意見をきくことをしなくてもよくなった。

12、玄海原発のプルサーマル計画に終始反対、九電に申し入れた。

13、いのしし・さる被害の懇談会をもち、県にも要望を出した。Img_20140407_03

14、地獄谷の残土埋め立て反対、知事に申し入れ、市は不許可を決定した。

15、糸島保健福祉環境事務所の移転問題は、安全対策が後退すると反対した。

16、福吉駅のエレベーター設置要望(困っている声を市長に届けた)

17、ぐるりんバスを走らせよ。(今後、前原・志摩と同じように市の予算をもとめていく。)

18、駅の公衆トイレの水洗化、JR無人駅、大入・鹿家駅のトイレの設置を求めた。

19、インプルエンザの予防接種助成を、高校受験生にも要求した。

20、合併後5年後も、二丈・志摩支所をなくさないで存続を要求した。

21、二丈中・福吉中のプール建設を。(二丈中は、26年度に建設計画あり)

22、通学路の安全を守る為に、歩道のカラー化実施。(みどりの歩道Img_20140407_04を実現した。)

23、図書館の設置を。二丈・志摩支所に設置される。

24、東日本大震災の支援活動。
   (募金・物資などを、住民の皆さんと二丈共産党支部と共に取り組んだ)

25、二丈の公共水道工事には、住民の声を聞くこと。 ・・・などなど。

 安心して暮らせる町、住んでよかったと言える町づくりのために、日本共産党はアンケートを実施して、要望を聞き、議会で発言をしてきました。

 2011年3月の福島原発事故から3年たちましたが、故郷を奪われた人々の苦しみや悲しみは、今も続いています。Img_20140407_05

 糸島の住民10万人は、玄海原発から40キロ以内に住んでいます。国が安全と言っても、絶対安全とは言えません。原発の再稼働に反対の運動を進めましょう。

 二丈支部は、「二丈の風」を全戸配布してきました

 今後も「二丈の風」を皆さんの声を届けるために、がんばってまいります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »