« 2013年7月 | トップページ | 2014年4月 »

二丈に『市民ホール』ができます。   二丈支所の廃止に最後まで反対します。

Img_20131223_01
Img_20131223_02    (ひわだ議員が答弁引き出す)
 12月議会において、ひわだ議員は、旧二丈役場の議場(議会があったところ)を、「市民ホールにしては」と提案しました。
 市は答弁で、「作ります」と明言しました。
Img_20131223_03
 二丈・志摩支所の廃止に、日本共産党の3人の議員は反対しました。
 しかし、その他の議員は賛成で、廃止が可決されました。
 可決されましたが、日本共産党はあきらめません。
 ねばり強く運動してゆきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いとう千代子さんは頼れる人です。 これからも一緒にがんばります。   二丈の風No.81

Hiwada  いとう千代子さんは頼れる人です。
 私は二丈の窓口として相談活動などにがんばります。
 いとう千代子さんをよろしく。
                   ひわだ正子

  

Ito
いとう千代子
糸島市議会議員

Img_20131223_04

    伊藤千代子

 私は、ひわだ議員と共に、原発の危険性と再稼働に反対してきました。
 そして、議会で住民サービスを守るため、二丈支所の存続を訴えてきました。
 今後も女性の目線で、子どもや障害者・高齢者・福祉の充実に力をつくします。

市民ホール充実のために

 二丈にできる市民ホールは音楽会や映画が楽しめる、また子どもたちの発表会などが気軽にできる音響の良い設備の整ったホールをつくるために、私もがんばります。

 

いとう千代子のプロフィール

★1957年7月29日生まれ。 ★現住所:糸島市波多江駅南2丁目2-2。 ★最終学歴:1980年九州大学卒。 ★1977年11月28日日本共産党に入党。 ★現部署:日本共産党西部地区委員。 ★経歴:1980年京都市伏見区学童保育所勤務。 ★1998年新日本婦人の会福岡県本部勤務。 ★現在、糸島支部顧問。 ★1998年:前原市議会議員に当選。 合併により糸島市議会議員(通算4期)。 ★家族:夫と一男一女。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料法律相談のお知らせ  弁護士と市議会議員が対応します。 1月15日(水)

無料法律相談のお知らせ

とき  1月15日(水) 18時~

ところ ひわだ宅にて
      二丈吉井3746-15

前日までに電話予約をしてください。

ひわだ 電話・FAX 092-326-5587
                      090-4348-7913

また、お急ぎのときは、いつでもご連絡ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(旧)二丈役場は住民のよりどころ 災害のとき・日々の暮らしに  支所の廃止はしないで!議場は文化施設・ホールとして活用を   二丈の風No.80

Img_20131221_41
災害時の強い味方

 役場には、様々な機能があり、そのために、職員が常駐しています。
 今の二丈支所には、農林土木・農業委員会・総合窓口があり、住民が利用しています。

 それ以外にも、役場は緊急避難のよりどころでもあります。
 地震や水害など、いつ災害が起こるかわからないこの頃です。
 役場職員は、この災害時にすぐに対応できる強い味方です。

 ところが、この二丈支所が、本庁に移転する計画がすすめられています。
 もし、災害が発生しても、緊急に駆けつけるまでに、道路の寸断などがあると、取り残される危険もあります。
 二丈支所は、今までのように残す必要があります。

提案  議場(3F)の再利用について

 今、文化施設としてのホールがとても少なく、音楽発表会などは、唐津のホールを借りて行っているのが実情です。
 二丈庁舎の議会議場(3階)は、まだ新しく、とても立派ですが、月に1~2回しか利用されていません。
 ここを文化施設として利用できないものでしょうか。

 議会議場の活用については、二丈地域審議会に『市民ホール』の提案がされたことがあります。  糸島市(H22.6.30 22糸経第44号)

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護給付・・・介護の支援を受ける場合   二丈の風No.80

お知らせコーナー

介護給付・・・介護の支援を受ける場合
   (障害者福祉のしおりより)
介護保険の対象者は、介護保険制度が優先となります。
詳細は、介護保険課に問い合わせを。 092-332-2070

サービス名 サービス内容
居宅介護 ホームヘルプ 入浴、排せつ、食事の介護など
行動援護 自己判断能力が制限されている人
同行援護 視覚障害により移動困難な人
短期入所 ショートステイ 自宅で介護する人が病気の場合等
重度訪問介護 重度の肢体不自由者を自宅で介護
療養介護 医療・介護を必要とする人の世話
生活介護 介護の必要とする人に昼間支援
重度障害者等包括支援 居宅介護の必要性の高い人に複数
共同生活介護 ケアホーム 夜間や休日、共同生活を行う

現在は、利用料の自己負担は1割ですが、厚生労働省は、一定額の収入や資産がある人について、給付制度を見直すことを検討しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糸島市議会一般質問  「二丈・志摩の支所はなくさないで!」「糸島市に、障害のある子どもの教育施設が必要」「子育て支援を!子どもの医療費の助成を」 二丈の風No.80

二丈・志摩の支所はなくさないで!
ひわだ  二丈・志摩の支所が、合併5年でなくなると、住民サービスはどうなるか。
 相談や、証明書発行などに訪れる人は、支所がなくなることに反対です。
 支所には、災害・防災の拠点としての役割があるのではないか。
回答  庁舎の統合問題は、特別委員会の提案に沿って考える。
ひわだ  唐津市は、合併後も支所を残して、住民サービスを行っている。
 糸島市も支所・総合窓口は残してもらいたい。

糸島市に、障害のある子どもの教育施設が必要
ひわだ  子どもの発達の障害の診断が難しいといわれている。
 子どもの発達について、専門的な診断はだれがするのか。
回答  定期的な乳幼児検診と、相談は、あごらで行っている。
 毎年、約1000件の検診や、相談を受けている。
ひわだ  糸島市は、支援学校に通うために「いとバス」を走らせているが、保護者の負担がある。
 これから先、保護者の負担はどうなるのか。
回答  26年度までの補助の計画はある。
 生の松原の保護者負担は、毎月1万円くらいです。
ひわだ  子どもたちの生きる力を育み、一人一人の教育的なニーズに対応した特別支援学校を、ぜひ糸島市に作ってほしい。
回答  県には、特別支援学校設置の要望を続けていく。

子育て支援を! 子どもの医療費の助成を中学卒業まで無料に
ひわだ  糸島市は、就学未満まで医療費は無料となっています。
 しかし、安心して子育てができるためには、医療費の無料化の拡大を、中学卒業までできないか。
 拡大できれば、まちづくりの大事な施策になる。
回答  他市の状況を見て検討している。
ひわだ  福津市は、医療費の補助が拡大されたと新聞に報道された。
 通院の場合は小学6年、入院なら中学3年生まで、来年の1月から実施するという内容です。
 「子育て環境を整備して、定住促進につなげたい」と、市の説明です。
 糸島市も、子育て支援策の検討を、積極的にすすめてほしい。

 

 9月議会の請願3件の結果は?

請願3号  九州電力玄海原発の再稼働に反対する意見書を提出する請願
審査結果 :賛成9人・反対13人で、不採択
請願4号  糸島市が自然エネルギーを積極的に推進し、原子力エネルギーに頼らない政策への転換を急速に始める請願
審査結果 :審査をもっと進めるために継続審議結果となりました。
請願5号  国に対し「消費税の増税中止を求める意見書」の提出を求める請願。
審査結果 :賛成5人・反対17人で、不採択

日本共産党は、上記の請願すべてに賛成しました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声 & 編集後記   二丈の風No.80

みなさんの声

○ 海岸清掃や、川掃除、道路の清掃など住民の協力で町をきれいにする行事がどこでも行われています。
 体力がある、時間があるときはできても、川掃除などはとてもきつい作業で、高齢化社会では無理なことがあります。
 行政(県・市)が予算を補助して、援助してください。
              (80代・男性)

○ 「玄海原発の再稼働をしないで」と、署名が4千人以上も集まったそうです。
 ところが、糸島市議会は、これを否決しました。
 玄海原発から18キロ~40キロ圏内に住む住民にとって、安心して住むには、再稼働には反対してほしい。
              (50代・女性)

○ 二丈支所は、残すべきだ。
 支所を残すかどうかは住民投票で決めて!
 唐津市に合併した浜玉や七山の支所は、残っている。
              (70代・男性)

編集後記

 映画「渡されたバトン」を見ました。
 新潟の小さな町に、原子力発電所を建てさせなかった住民の物語(実話)でした。
 新しい町長を誕生させ、結果的に住民の力が原発を阻止した感動的なドラマでした。
 最後まで、あきらめず、粘り強く運動することの大切さを学びました。
 今、再生可能エネルギー(太陽・水・風・地熱など)に、転換しようと多くの人が努力しています。
 「原発再稼働に反対!」    (F・H)

Img_20131221_46

| | コメント (0) | トラックバック (0)

党をつくって91年  暴走政治にブレーキをかける日本共産党  議案提案権を獲得  二丈の風No.80

Img_20131221_44

議案提案権を獲得

 非改選とあわせ、参議院で11議席となり、消費税増税中止法案・サービス残業根絶法案などできます。

さっそく提案

 10月15日 「ブラック企業規制法案」 を国会に提出しました。

 共産党の紹介と理念

  • 地方議員2700人
  • 党員31万人が「住民の苦難軽減」を原点に活動している
     「生活相談・ボランティアなど」
  • 建設的な提案で地方政治を動かす。
  • ならぬものはならぬ 「自民党政治ときっぱり対決」
  • 「原発マネー」「政党助成金」・・・
    いっさい受けとっていません。

党をつくって91年  暴走政治にブレーキをかける日本共産党  議案提案権を獲得
初登院する参院議員(国会内)
(左から)紙智子、仁比聡平、
小池晃、吉良よし子、辰巳
孝太郎、倉林明子、山下芳生、
井上哲士

  これは国民の税金です。
政党助成金   交付額(見込み)
日本共産党 0円
自民党 150億6200万円
民主党 77億7300万円
維新の会 29億5500万円
公明党 25億7400万円
みんなの党 20億2700万円
日本共産党は受けとらず
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2014年4月 »