« 2013年2月 | トップページ | 2013年7月 »

子育てのしやすいまちづくり  子どもの医療費無料化、保育料の助成、児童館へ取り組み、学校給食・食育、通学路の安全   糸島市議会  二丈の風No.78

Img_20130525_01

 子どもの医療費無料化を
    (小・中学校まで)

 子どもが次々病気に!
 「子ども3人が、次々に病気にかかり、月の医療費が一万円。せめて小学校卒業まで、通院費も無料に」と、ある母親は訴えています。

 ひわだ議員は、糸島市でも小・中学校卒業まで通院・入院とも無料化してほしいと、質問しました。

 岡山県では”無料”です。

 岡山県の制度は、ほとんどの市・町村が中学校卒業まで、通院・入院が無料となっています。
 無料化は、重症化の予防にも役だっています。

Img_20130525_02 子どもの医療費助成を!

 子どもを生み育てることが大変難しい時代と言われます。
 働く人の所得や雇用が減少しています。
 これから安心して子育てのできるように、子どもの医療費の助成制度は保護者の願いです。
 福岡県内の自治体の中で、入院は春日市・筑紫野市は小学3年生まで無料。
 苅田町は通院・入院とも中学3年生まで無料となっている。
 糸島市でも、小・中学校卒業まで無料にすることはできないか。Img_20130525_16

 糸島市は、小学校入学までが無料。
 定住化促進のためには、重要と認識するが、拡大については、さらに検討したい。

 子育てしやすい、住みやすい市にしたい。

 

 保育料の助成を

 子育て支援の保育料の無料は、18歳未満の、第3子の子ども3歳未満のみとなっている。
 4歳・5歳まで拡大できないか。

Img_20130525_14

 拡大は検討する。

 

 児童館の計画は

 地域の子育てについては、地域振興協議会の中で、取り組まれている。
 福岡県は、青少年の非行率が高く、心配です。
 子育ての不安や、青少年の育成など、子育ての環境整備の一つ、児童館に取り組む計画はないか。
 (児童館とは、指導員がいて、子ども達が安心して過ごすことが出来る場所です。)

 子育て支援センターがある。

 

 学校給食は、重要な食育です。

 学校給食では、食育の指導が行われている。
 学校給食費の助成する就学援助制度があります。
 就学援助を受けられる基準は、4人家族で406万円。
 福岡市の場合、基準は450万円となっている。
 対象者の拡大はできないか。

 生活保護基準と同じ(拡大はできない。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニティバス(市運営)の運行を促進して!  公共下水道について?   糸島市の借入金総額は?  糸島市議会3月議会  二丈の風No.78

 コミュニティバス(市運営)の運行を促進して!

 現在、二丈地区では、すみずみまでコミュニティバスは走っていません。
 市が責任をもって、バスの運行を計画してもらいたい。

Img_20130525_15  糸島市は22年1月に合併して3年たちました。
 交通問題は重要です。
 自主運行バスとしてではなく、コミュニティバスの運行、路線の拡大を進めるべきではないか。

 糸島市地域交通計画として、自主運行バスの拡大検討をする。
 また、コミュニティバス料金の均一化を実施する。

 ※コミュニティバスとは、市が運営するバスのことです。

 

 公共下水道について

 二丈・志摩で、下水道事業のアンケートが実施された。
 二丈では、今まで合併浄化槽を進めてきた。
 普及率はどうなっているか。

 また、糸島市の借入金総額は?

 二丈の合併浄化槽の普及率は、67.8%。
 アンケートの結果を踏まえ、地域に適した浄水処理を検討していく。

地方債、特別会計をふくめ、借金総額は、544億円。

 

2013年3月12日(火) 糸島市議会 一般質問 ひわだ正子議員  
 ・子育てしやすい町づくりについて
 ・合併して3年、住民サービス向上について
 ・合併後に取組まれた課題について

再生ボタンを押すと再生します。

糸島市議会の議会中継はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域の活性化と防災の拠点 二丈庁舎を残して!  二丈の風No.78

二丈庁舎を残せ!

 「地域の活性化と防災の拠点として、二丈庁舎を残してほしい。」と、ひわだ議員は3月議会で発言しました。
 隣の、唐津の浜玉町(旧)は浜玉支所として機能しています。

二丈・志摩の庁舎の存続は、まだ決まっていない。

 糸島市議会は、議員全員で庁舎の利・活用の課題などについて、庁舎問題調査検討を行なっています。
 唐津市は、合併して8年たっていますが、浜玉、七山など支所は残しています。
 住民の相談の窓口・災害の拠点として、支所が必要です。

 二丈地区住民の声を上げていくことが大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食と暮らし・命を守ろう  TPPに参加すると、どうなるか?  農業・知的財産(医療)・食の安全  アメリカの言いなりのTPPに反対します! 二丈の風No.78

 

 

 

 

アメリカは食品添加物が 3000品目
日本は   〃 800弱

日本では認可されていない添加物が入った食品は、食品衛生法違反であるが、これをアメリカは、はずそうとしている。

Img_20130525_21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなさんの声  編集後記   二丈の風No.78

Img_20130525_05

Img_20130525_04 ○ ガソリン代が高くなって困っている。
 全国的にもイカ漁などで燃料代が高く漁に行けないと、漁師が困っている話を聞いた。   (60代女性)

○ JR駅にエレベーターをつけて!
 高齢化社会になるし、福祉問題は今進歩してきている。
 公共の交通機関を利用するためには、エレベーターの設置は不可欠です。  (70代女性)

○ (原発の)避難先一覧表を見ました。
 吉井上区は、福岡市の城南体育館などとなっていますが、風向きによっては、かえって危ないかもしれないし、途中の道路も混み合うし、大丈夫でしょうか?
 原発の再稼働をやめさせるのが得策と思います。  (30代男性)

Img_20130525_12 ○ ”木の香ランド(二丈)”キャンプ場の管理会社が行うことになったそうです。
 なぜ、糸島市の会社ではないのですか?
 マンションの管理会社は、周辺の森の管理もするのですか?  (50代女性)

 

編集後記
 今、世の中では「そのうち食べ物がなくなる時がくる」からと、危機感をつのらせてる若い人が多い。
 今まで雑草だったノビル、ヨメナ、セリなど食べられる山菜をしっとかないと?
 TPP(環太平洋連携協定)に参加すると、「輸入品オンパレードで、国産の食料がたべられなくなる」ということがないように・・・
 TPP絶対反対!  (F・H)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料法律相談のお知らせ  次回は、6月20日(木)  弁護士と市議会議員が対応します。

無料法律相談のお知らせ

とき
   6月20日(木) 18
時~20時
   7月18日(木) 18時~20時

ところ 伊都文化会館

福岡第一法律事務所の弁護士と議員が対応します。
秘密は厳守します。

事前に電話予約をしてください。

ひわだ 電話・FAX 092-326-5587
                      090-4348-7913

また、お急ぎのときは、いつでもご連絡ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年7月 »